準備一覧

段ボールにぎゅうぎゅうの大量の写真を整理する手順

一人ではなかなか取り掛かれない作業が、
段ボールに保管している写真の整理ではないでしょうか?

現像したままの写真、幼稚園や学校で買ってそのまま保管している写真、溜まってしまうと余計に面倒に感じます。

 

こんな量の写真を、どうすればいいのか?

何から始めればいいのか?

箱を開けたものの、またそっと閉めてしまう。そんな繰り返しかもしれません。

 

 

どんなふうにアルバムにまとめるか?決める

やみくもに、写真を全部出してみても、どんな基準で選んでいいのかわかりません。

どんなアルバムを作るのか?
どんな写真を残したいのか?
自分の基準をまずは確認します。

 

 

写真を全部出してみる

ポケットアルバムも大きさや厚みが様々です。かさばりますね。
そのまま残すのでなければ、写真を全部出してみるのがおススメです。

 

家中の写真を集めます。

整理した後で、別の部屋や引き出しから出てくることもあるので、出来るだけ一か所にまとめます。

 

 

 

写真をグループ化する

残す写真、どうするか迷っている写真など、
分かりやすいように、グループ化しておきます。

 

 

***家族の年表があると便利です

グループ化したり、順番を確認するために、あると便利なものが家族の年表です。

集合写真の日付でさえ、西暦だったり和暦だったり…統一されていないので、年表があるととっても助かりますよ。

手書きで十分なので、西暦と和暦、学年や行事、イベントなど、書き込んでみてください。順番がわかりやすくなって、記憶もたどりやすいのです。

 

 

 

 

台紙に写真を貼っていきます

グループ化しているので、好きな順番で貼っていきます。

そして

一冊にまとまったところ。

ページをめくっては喋って、笑って…、
最初に戻って、また同じようにページをめくる笑。

そんな楽しい時間です。

あの大量の写真が、アルバムにまとまった!達成感も味わえます。

 

こうして現像したままの大量の写真が、アルバムにまとまります。

 

 

アルバムにまとめよう!と決めると
現像したままの写真を整理するのは、アルバムを作るための準備作業です。

 

野菜をカットしていると支度に取り掛かりやすいし、
テーブルの上に何もないと、すぐ食事ができるのと同じように、
一冊にまとめたい写真が整理できていると、貼る作業に取り掛かりやすいのです。

 

アルバム整理も、仕組み化ができていると面倒で時間がかかる作業ではなくなります。撮りっぱなしの写真データも、現像してそのままの写真も、仕組み化で随分楽に取り掛かれます。

仕組み化のご相談や、整理のサポートについても
フォームからお問合せくださいね。