振り返る一覧

家族それぞれの歴史、古い写真を整理して気づくこと

昨日のワークショップでは、アルバム3冊を完成されました。

この3冊は我が家のアルバムですが、こんな少し小さいアルバムです。

20×20センチ

 

Lサイズの写真をそのまま貼ると、3枚くらい貼れる大きさです。

 

 

古いアルバムから剥がしたたくさんの写真から、お子さんやお母さまに1冊ずつ作られました。

完成したときは、

「本当にこれですっとした」と仰ってました。

 

一人一冊でいい。
ある程度の年代になると、そんなふうに感じようになるんです。

これでいつでも見られるし、収納にも困らない。
時間はかかったけれど、整理してよかった。

元気なとき、問題なく過ごせているときは、あまりアルバムを開くことはないだろうけど、何かあった時に力になる存在だと嬉しいですね。

 

とこんな内容の感想をいただきました。

 

 

古い写真を剥がすのは、私も経験がありますが、あまり楽しい作業でもありません。綺麗にはがれる写真ばかりではないし、楽しい記憶だけがよみがえるとも限りませんよね。写真がきっかけでいろんなことを思い出します。

でも、改めてわかることもあります。
その頃には当たり前で何とも感じていなかったことも、今思うとありがたく思えたり、気づくこともたくさんあるんです。

 

 

 

 

今までのことをゆっくり振り返る時間なんて、忙しい毎日ではなかなか取れないからこそ、撮りためた写真の整理がてら、そのために時間を取るのがおススメです。

今週の振り返り~とか

今年の振り返りを。

そうすると来年を考えるところまで広がりますよね。

 

今日のワークショップも、一歩すすむきっかけになりますように!