家族の歴史一覧

家族のストーリーフォトブック制作

  

撮りためた写真をフォトブックにまとめようにも、パソコンが苦手だったり、忙しくて時間が取れなかったり、やろうとしても、なかなか進まない方もいらっしゃるはず。そういう方に代わってフォトブックをお作りしています。

 

アルバム整理をサポートを始めて10年以上、子どもが1才になるまえから作り始めたアルバム。小さかった子どもはもう高校生です。

 

アルバムを作るうちに、子育てで大変なことや頑張ってきた過去、大切な家族のことなど振り返る時間を持てたことで、自分をとりもどして育児にも、それからの毎日にも前向きになれました。

 

私のころは、ちょうどデジタルカメラが出始めたころ。フィルムカメラとデジタルと両方を使ってました。

 

アルバム整理の教室をしながら現像してアルバムに貼る。どうしてもそれが苦手な方が困っている状況も見てきました。昨年より私の写真のスキルを活かして新メニューを作りました。

データ整理から製本までをサポートする家族のストーリーフォトブックの制作を代行しています。

 

 

大きさは、A4
背景は、ブラック
最多ページ数は48ページ
そんなフォトアルバムです。

少し厚めの、図鑑みたいなアルバムです。
家族の図鑑アルバム!

詳細は下記をごらんください!

 

家族のストーリーフォトブック

①事前に500画像を選んで、仕上げはお任せコース:作成料21600円

②画像​選びも仕上げもお任せコース:作成料32400円(画像1000枚まで)

*写真を事前にある程度選んでいただきます

 

作成のながれ

●お申込みフォームよりお申込み

写真データがどれくらいあるかをご質問します。

 

●お会いするまでに
①の方は、アルバムに入れたい画像を選んでおいていただきます。
②の方は、どんな写真を優先したいか、アルバムのテーマを考えておいていただきます。
(子ども中心、行事中心など人がメインか、イベントがメインか、などです)

  ↓
●カフェなどで打ち合わせ
(なるべくご家族、ご夫婦でお会いできると、アルバムイメージが固まりやすいです)

・表紙
・裏表紙
・中表紙
・ポイントの画像を決めます。

データをお預かり(USBに入れておいていただきます)

 

●ラフ案を送信

このラフ案を丁寧に作成するために1~2週間のお時間がかかります。
注文がこみ合う場合は、3~4週間をみておいていただきます。

ラフ案の変更などのやりとり
お振込確認後発注

検品後、レターパックにてお届け

 

 

打ち合わせ

こんなことを教えてくださいね。

・必ず使いたい画像
・省いてもOKな画像のタイプ(学校の行事は少なくてもOK…など)
・どんなアルバムにしたいか
・写真が小さくなっても枚数を多く入れたいかどうか?

 

作成料について

①の方は、21600円 (画像500枚まで)、別途フォトブック代金
②の方は、32400円 (画像1000枚まで)、別途フォトブック代金

●1000枚毎に追加料金を5400円とさせていただいています。
●作成料は打ち合わせの時にお支払ください。

 

お問合せ&お申込みはこちらからお願いいたします → お問合せフォーム

 


フォトブックの40ページと48ページの違い

フォトブックが仕上がってきました。

本日発送いたします。
Nさま、到着までお待ちくださいね。

ご依頼本当にありがとうございました。

 

 

お作りしているフォトブックのページ数ですが

最多で48ページです。

40ページと48ページの場合を比べてみました。

 

使う画像の枚数はあまり変わらないのですが、

画像がすごく小さい場合は、

1ページにたくさんおさまるので、ページ数が少なくなりますね。

 

 

例えばこんな感じです。

こういう場合、写真1枚は、5×6cmくらいになります。

参考にしてくださいね。

 

 

フォトブックにまとめるメリットは

・現像する手間を省けること

・写真の大きさを自由に変えられること

 

写真の大きさを変えられるので

大きくしたい場合、小さくていい場合、自由自在です。

見開き2ページに使うこともできますよ。

 

こんなことも簡単にできるのが、フォトブックの良いところです。

 

パソコンが苦手な方、

毎日忙しくて自分で作れないわ~という方に変わってお作りしているので、

ご相談くださいね。

 

 

 


自分自身のことや家族のことを知るキッカケに☆自分史&家族の歴史アルバム

家族のことを知るキッカケに
もちろん
自分のことも振り返る時間を取ることも大事です。

 

自分史や
家族の歴史

自分史というと、文章ばかりで大変そうに感じると思いますが、
写真を使うと、エピソードを数行書くだけでもOKです。

そんな写真で自分史をつくってみませんか?

 

自分史というと大げさに聞こえるかもしれません。

でもアルバムの形だと
文章も少なくて済むイメージ。
そんなことありませんか?

 

☑ 自分史って興味はあるけど、文章でまとめるのは難しい。

☑ 家族にも知ってもらえるように作りたい。

☑ 親の自分史を作ってプレゼントしたい。

☑ 昔の写真、親の写真を整理をしたいけど、どうすればいいのかわからない。

☑ 自分の趣味のことをまとめてみたい。

 

などなど
誰にとっても、自分のストーリーがあります。

いままでを振り返って
これからのために残しておきたいこと、

家族に知ってほしいこと、

そのための
写真を選ぶのは自分自身。

 

 

文章が苦手でも、写真を使うと作りやすいのです。
写真があると、
見やすいし、
何度も開いて家族と一緒に見て楽しめます。

 

自分も嬉しいし、
家族にとっても楽しみになる自分史になります。

 

家族が大切にしていること、
大切な思い出、
両親の昔のこと、
親戚のこと

そういったことを、
知るキッカケにもなります。

 


祖父の古いアルバムの1ページ