写真一覧

入学式と桜も、写真とフォトアルバムもセット

桜が咲き始めてるかも、とカメラを持っていったけれど
まだつぼみでした。

暖かくて寄り道もつい長いしてしまった昨日。

 

見ごろだったのは水仙

 

毎年綺麗なこちらの桜並木、

満開になるのが待ち遠しいです。

 

アメリカに住んでいて恋しいモノは、美味しいお米とお風呂、それに桜です。
入学式と桜はセット

入学式には
ブカブカの制服
真新しいカバン
これからが楽しみな表情も
写真に撮ってあげてくださいね。

私も写真をたくさん撮って、フォトブックにまとめて実家に贈ってあげる予定です^^

 

おじいちゃん&おばあちゃんに贈るなら
やはり手に取ってみられるモノが一番。
何しろ実家の両親は、携帯はじめ、機械の操作が苦手。
なので、フォトブックの形が一番なんですね。

 

コメントの文字も大きめに!

絵本のように、文字は大きいほうがおススメです。

 

 

小さい文字が見えづらくなるなんて…、実際になってみないとわからなかった。
私もすこーしきてます。
小さい文字は子どもに読んでもらったりするくらい。
こんなことになるなんて!
仕方がないですけどね。

文字小さすぎ!と感じることも増えてきたので、ローガンの両親によりそって笑
読みやすい文字にします。

 

入学式はお天気で、暖かくなると良いですね。


子どもが長く続けてきた͡こと、一区切りの時期のフォトブック

やっと晴れ間もみえましたが、今日もまだ強風ですね。

 

ふと見るとこんな葉っぱも

この影が何とも好きな感じです^^

 

 

週末には、ご依頼をいただいているフォトブックのラフ案をお送りしました。

今日はお写真を何枚か入れ替えて仕上げます。

 

 

データを預けたものの、

いったいどんな感じに仕上がるのか?
ある程度の枚数まで絞ったものの、どの写真を使うんだろう?
あの写真は使ってくれるだろうか?
あとで変更って嫌がられるんじゃないだろうか?

大丈夫かなぁ、
本当に依頼してよかったかな?

とラフができるまで、完成するまで、いろんな気がかりがあると思います。

 

 

私も写真をレイアウトしながら、できるだけたくさんの写真を使いたいけれど、あまり小さくすると人物がよく見えなくなるし。

お子さんの写真はもちろんだけど、まわりの人との雰囲気も分かるような写真も活かしたいし。

と写真を行ったりきたりしながら。

ヒアリングでお聞きしたことも確認しながら写真を選びます。

 

そんなふうにして作っているので、ラフの段階でも、出来上がりを楽しみにしていただいているようなコメントがメールに添えられているとホッとします。

 

 

「データを預けた段階で、もう出来た気になってるから!」
と言っていただいたのは
制作の代行を始めて間もない頃です。

 

そういうものなのか…と感じたんですが、
ヒアリングのたびにお客さまの表情を拝見しては、少しずつ実感できるようになってきました。

 

データを預けてホッとしたのもつかの間で、
出来上がりまでは、不安がよぎりまくると推測するのですが、

思い切って頼んでよかった
と喜んでいただけると
本当にうれしいかぎりです。

 

今日は
もうひと頑張りの仕上げ作業です。

 

 

写真をフォトブックにまとめると
クリスマスプレゼントや
冬の帰省のお土産にも良いですね。

11月にデータをお預かりできましたら
12月にはお渡しが可能です。

ご依頼お待ちしてます!

 


写真より先に劣化するのは台紙だから

祖父のアルバムを貼りかえたのは
写真はまだまだ綺麗なのに台紙が劣化していたから。

台紙がボロボロになっていると
手に取ってみるのもあまり気が進まないもの…。

そんなことありませんか?

 

触らない方がいいかな?

これ以上ひどくなるとイヤだな…

そんな古い台紙

写真はまだきれいなんですよね。

 

 

こんなふうに変色した台紙もよく見ます。

 

 

私が貼りなおしたアルバムはこちら

古い写真は、黒台紙に貼るのが雰囲気もあって好きですね。

 

 

貼り換える時に困ることは

写真が反り返ってしまうこと。

 

しっかり貼り付けないと、自然にはがれてきます。

 

 

写真の白い枠を少しカットすると

古い写真もスッキリします。

 

古い写真を剥がして貼りかえる作業は

こんなふうに続きます。