フォトブック一覧

家族のストーリーフォトブック制作

  

撮りためた写真をフォトブックにまとめようにも、パソコンが苦手だったり、忙しくて時間が取れなかったり、やろうとしても、なかなか進まない方もいらっしゃるはず。そういう方に代わってフォトブックをお作りしています。

 

アルバム整理をサポートを始めて10年以上、子どもが1才になるまえから作り始めたアルバム。小さかった子どもはもう高校生です。

 

アルバムを作るうちに、子育てで大変なことや頑張ってきた過去、大切な家族のことなど振り返る時間を持てたことで、自分をとりもどして育児にも、それからの毎日にも前向きになれました。

 

私のころは、ちょうどデジタルカメラが出始めたころ。フィルムカメラとデジタルと両方を使ってました。

 

アルバム整理の教室をしながら現像してアルバムに貼る。どうしてもそれが苦手な方が困っている状況も見てきました。昨年より私の写真のスキルを活かして新メニューを作りました。

データ整理から製本までをサポートする家族のストーリーフォトブックの制作を代行しています。

 

 

大きさは、A4
背景は、ブラック
最多ページ数は48ページ
そんなフォトアルバムです。

少し厚めの、図鑑みたいなアルバムです。
家族の図鑑アルバム!

詳細は下記をごらんください!

 

家族のストーリーフォトブック

①事前に500画像を選んで、仕上げはお任せコース:作成料21600円

②画像​選びも仕上げもお任せコース:作成料32400円(画像1000枚まで)

*写真を事前にある程度選んでいただきます

 

作成のながれ

●お申込みフォームよりお申込み

写真データがどれくらいあるかをご質問します。

 

●お会いするまでに
①の方は、アルバムに入れたい画像を選んでおいていただきます。
②の方は、どんな写真を優先したいか、アルバムのテーマを考えておいていただきます。
(子ども中心、行事中心など人がメインか、イベントがメインか、などです)

  ↓
●カフェなどで打ち合わせ
(なるべくご家族、ご夫婦でお会いできると、アルバムイメージが固まりやすいです)

・表紙
・裏表紙
・中表紙
・ポイントの画像を決めます。

データをお預かり(USBに入れておいていただきます)

 

●ラフ案を送信

このラフ案を丁寧に作成するために1~2週間のお時間がかかります。
注文がこみ合う場合は、3~4週間をみておいていただきます。

ラフ案の変更などのやりとり
お振込確認後発注

検品後、レターパックにてお届け

 

 

打ち合わせ

こんなことを教えてくださいね。

・必ず使いたい画像
・省いてもOKな画像のタイプ(学校の行事は少なくてもOK…など)
・どんなアルバムにしたいか
・写真が小さくなっても枚数を多く入れたいかどうか?

 

作成料について

①の方は、21600円 (画像500枚まで)、別途フォトブック代金
②の方は、32400円 (画像1000枚まで)、別途フォトブック代金

●1000枚毎に追加料金を5400円とさせていただいています。
●作成料は打ち合わせの時にお支払ください。

 

お問合せ&お申込みはこちらからお願いいたします → お問合せフォーム

 


フォトブック届きました!次は上の子どものフォトブックをお願いします

フォトブックのご感想をいただきました。

先週末にお届けしたんですが、到着のご連絡と一緒に、次の一冊のご依頼もいただいて、3連休もゴキゲンで過ごした私です。早めの大掃除もどんどんはかどったくらい。
喜んでいただけると本当に嬉しいですね。

 

了解をいただいたのでご紹介しますね。

こうしたいなあと思っていた通りに仕上がっていて、お願いして良かったなあと思いました。(しかも、早い)

自分でやるとなるとなかなかできないのが、現状ですから
お願いするって決めて良かったです。フォトブックがあるので、アルバムは、もっと枚数絞って超お気に入りだけで作ります。

ラインとかでさらにデータがたくさんになり、アルバムにしたいのに現像するのにハードルが高くなっていていつまでもできないと気になっていたことが、お願いすることで、こんなにもすっきりするんだから、もっと早くお願いすれば良かったです~。ありがとございました。

次は、上の子どものフォトブックをお願いします。

 

Tさま、
本当にご依頼をありがとうございます。ご感想の紹介についても了解くださり嬉しいかぎりです。
次の一冊のための写真選び、どれも好き、どの写真も捨てがたくて絞り込む作業は大変だと思いますが、よろしくお願いいたします^^

 

 

 

人は自分で選びたいもの…、本当に?

気になりながらも、自分で出来るから…と自力で何とかしよう、と考えること、誰にでもありますよね。私にもあります。好きだからすること、好きではないけれど、何だか後ろめたい気がして自分でやろうとすること。

 

「写真は無理!選んでほしい」

そう言われて「本当に?」と念を押して聞いたことは数えきれず。

「人は自分で選びたいもの」…と思い込んでいたので、写真整理のサポートに伺ったときもそういうふうに対応させてもらってました。

 

私にとっての苦手は洋服。

制服のように「いつも同じ」はダメなんじゃないか?着回しまで考えられるのがおしゃれな人。いろんな合わせ方がわかっていないと!そんな思い込みがいっぱいでした。

選べないモノもある。出来ないこと、苦手なことは頼めば良い。

私自身が頼めるようになってやっと、写真の思い込みもなくなってきたわけです。

 

ムリに自力で解決しなくてもOK

周りの人や、これまでに私に依頼してくださった皆さんのおかげで、私の思い込みも外れてきました。

リピートでのご依頼をいただいたりすると、続けてきて良かった!と実感します。

自力でしたくても時間には限りがあるので、自分の時間を取るために、負担になることは誰かに頼んで、ごきげんで過ごしたいですよね。

写真のことも、写真以外のことでも!

 


写真を撮るときの、記録サイズのこと

3連休は天気も良くて助かりましたね!

体育大会なんかでこんなカメラを構えてるお父さんをみると

 

その写真、パネルにするんですか?

なんて聞きたくなります^^

バズーカのようなレンズ、どんなふうに見えているのか興味津々です。

 

写真のサイズ

写真を大きくプリントするのは、写真屋さんによって金額は違いますが、

A4サイズなら、150円くらいから600円くらい。

すごくはばがありますね。

 

フォトブックなら自由自在。

A4でも

 

A3でも

 

切手サイズでも

 

大きさは自由自在に変えることができます。

 

現像する前に写真を見て、大きさまで決めるのは至難のワザ。よっぽどお気に入りだったり、卒業式のように記念の一枚ならこれは大きく!って考えやすいですが。

 

貼るタイプのアルバムを作り慣れていない方にとっては、そこまで考えるのはおススメできません。

私もプリントするときは、だいたいはがきサイズです。

お気に入りだけ

・2L (178×127㎜)や
・六切り (254×203㎜)程度にします。

 

その点、フォトブックなら、写真を大きくするのも、小さくするのも、自由自在です。写真をレイアウトしながら大きさを変えられます。

A4やA3の写真、なかなか迫力がありますよ。

 

注意すること

写真を大きく表示するためには、

記録サイズは、「」で撮っておいてくださいね!

 

そうすると、大きく表示できますし、
切り取ったりしても大きさをキープできるのです。

 

目安の大きさです(キタムラカメラさんでお聞きしました)

・A3は、4000×3000

・A4は、2500×3500

 

フォトブックの制作ですが、

今月データをお預かりできましたら、来月下旬のお渡しになります。

今年中に!と考えている場合は、お早めにご連絡をお願いいたします!