フォトアルバム一覧

古いアルバム再生その(1)手作りアルバムの良さは、効率化してもそのまま

祖父の古いアルバムから写真をはがして。
新しいアルバムに貼りなおしました。

写真の中には、 色が薄くなって写っている人がはっきりしない写真もあります。写真の大きさも切手サイズくらいのものもあれば、名刺サイズもあって、さまざまです。

 

 

剥がした後は、分類。

 

年代も不明な写真、
頼りになるのは
祖父のヘアスタイル…

ん??
ヘアスタイル?笑

 

いかにも若い感じ
青年団ふう
七三わけ…ふう

 

他には、
一緒に写ってる人、
その時代の服装、

何かしら、共通点や時代がわかることを見つけます。

 

 

■どんなアルバムにするか?

それが大事なんですけど。

モノクロで小さい写真には装飾は不要なので黒台紙
装飾すると、写真が負けてしまう感じがします。
写真を目立たせたいので。

 

似たような写真は、
全部貼らなくてOK。
残すだけ残したいので、ポケットページにしました

 

 

■1冊にまとめたい

 

ということで
台紙もポケットもセットにして、一冊にまとめています。

祖父のアルバム

 

 

ポケットにいれるメリットは、
写真の裏の文字がそのまま見えますから。

古いアルバム

  ↓

古い写真

 

 

こちらは妹の学生時代の写真。
小さいときのものも少し。

 

楽なのに、楽しい!

装飾もつけたい写真、
あまり覚えてないし、ポケットで十分な写真、

そんな写真を1冊に。

 

楽らくアルバム
アルバムもカスタマイズです。


フォトアルバム作り・収納力よりも大切にしてきたこと

昨日は学校帰りの子どもに
かさ張るモノのおつかいを
頼んでたんですね。

 

ちょうど帰る時間が一緒になって
駅で合流できました。

 

私も車で待っていればいいのが
ありがたい^^

 

 

そのこどもが
1才になるまえから
貼るタイプのアルバムを作ってました。

 

フォトブックにしても
雑誌みたいに
押さえなくても良いタイプを作ってます。

 

 

平らに開くから
押さえなくても良い

これって大事なポイント。

 

 

現像した写真を貼るタイプでも

同じく

 

何枚入るか?

よりも

どうやって見るか?

 

 

が私にとっては大事。

 

 

ずっと押さえなくて良いって

小さい人にも

優しいと思いませんか?