アルバム整理一覧

祖父のことを伝えるためのフォトブック

 

まごの手 祖父作

作業場もあったくらい、モノづくりが趣味で、
祖父が元気なころにもらったもの。

祖父は亡くなって随分経ちますが、まごの手はずっと我が家で活躍中です。

 

 

爪があるの、わかりますか?

 

 

手のひらも良い感じでしょ

肉厚な感じで、手相をみてもらったらきっと吉相だと思うんですが…。
どうでしょうか?

 

 

その祖父の古いアルバムを、新しい台紙に貼りかえたんです。

 

もう叔父に届けましたが、
写真のデータは少しもらっているので、これでフォトブックを作っておこうと考えてます。
まごの手も撮って入れないと笑

 

祖父にとっては祖父の自分史
もう見てもらうこともできないのだけど。
どこかから見てくれるでしょう(^^)

 

でも親族からすると、自分たちのルーツを知るきっかけになったり、つながりが分かったりしますよね。
写真の状態だと、一枚一枚みる機会はあまりないけれど、一冊にまとまっていると何度も見られます。

 

台紙もボロボロになってましたが、写真は綺麗でした。

はがせる写真は剥がして
全面のり付けしている写真は切り取って、新しい台紙に貼りました。

スキャンしておくとフォトブックを作れます。

 

 

撮り溜めた写真を楽しみに変えて活かしたいと思いませんか?

一粒万倍日に開催!撮りためた写真を楽しみに変えて活かしたい方に 

 

 

 


写真データのチェック、一気にすませる?15分くらいで区切る?

 

写真を整理していて見つけました。
日付を見ると6月に撮った写真。

 

これからの時期は夜空、
星を撮りたい。

 

子どもが大きくなってからも
カメラはいつでもスタンバイ状態、
活躍してます。

 

 

昨日はビデオチャットで
アルバム整理のご相談でした。

メッセンジャーや
グーグルハングアウト、
ズーム

色んな方法があるので
遠方の方からもご相談いただいて
本当にうれしいかぎりです。

 

子どもが小さいときは、フィルムカメラに加えて、デジタルも使い始めた時期。

「後で消そう!」

「データのチェックをしよう」

とは思うものの、私の場合は、パソコンの画面で見ないとやっぱりわからなくて。

 

明らかにダメな写真だけ消去しておいて
どっちが良いか?と迷うときや、
ピントは合ってそうだけど、はっきりわからない…

そんな写真はやはりパソコンでチェックする!
というのは
以前も現在も同じです。

 

1枚1枚チェックするのは時間もかかるけれど
やらないと進みません。

 

なので、

 

15分くらいで区切ったりして
イヤにならない程度の作業がおススメです。

 

無理は禁物ですね。

 


古いアルバム数冊から写真を選んで1冊に

 

 

しまい込んでいるアルバムを出してみると、
台紙は色が変わっていて、写真まで劣化している。

台紙にカバーのないアルバムだと、写真と写真がくっついていたりして、
「もっと早く出していればよかった…」
と、そういうこともよくお聞きします。

 

これは妹のアルバム。
写真を全部剥がした台紙です。

 

 

実家に置きっぱなしだったアルバム。

 

古いアルバムって
ずっしり重いので、それだけでも見る機会が減りますね。

重くて、かさばる

 

そんなアルバムから、写真を剥がして新しいアルバムに貼り換えました。

「ねーちゃん、お願い!」

と言われて、案外嬉しくて、面白がって貼り換えた姉です。
ま、残業ばかりで帰りもおそい毎日のようなので。

たくさんの写真、数冊のアルバムから、勝手に写真を選んで
1冊だけにしました。

お任せ、丸投げ…そんな感じですね。

 

 

こちらが貼り換えたもの

可愛いやん。
時代もわかる写真だ。

 

 

写真を見ると
「あの頃」を振り返ることができて
そのころ考えていたことも思い出します。

気持ちの整理にもなります。

 

写真整理って時間もそれなりにかかるけれど
やはりじぶん整理にはもってこいの作業です。

子どもさんの写真も気になるとは思いますが、
ご自分の写真からはじめませんか?
じぶんの整理、人生の区切りに、2018年にむけて!