フォトブックのラフ案はこんなふうに確認していただいてます

フォトブック制作のラフ案は、スクリーンショットの画像で確認していただいてます。

出来るだけパソコンで、大きく表示して確認していただくようにお願いしています。

何度も何度も写真を見ながら作るので、写っている人たちの顔を覚えてしまって親戚のおばちゃんの感覚です。

大きくなったね。

このおもちゃ、お気に入りなんだね。

なんて、写真を通して日常を想像するのも楽しいです。

完成してすぐフォトブックを見てもらう時…、

何年かたって見てもらう時…、

懐かしんで見ている様子や、みんなでワイワイ言いながら見ている様子を想像しながら作っています。

「写真選び、もうお任せします!」

と言ってもらったものの、やはり責任重大です。

だってずっと残りますから。

確認してもらって修正など加えてから、印刷となります。

現像する場合は、Lサイズ、はがきサイズ…と、写真の大きさが同じになりがちですが、

フォトブックなら大きさに変化をつけられて、動きのあるページになりますよ。

写真を大きくすると迫力満点なページもできますね。

写真の大きさを自由に変えられるところが、フォトブックのメリットです。

フォトブックのこと、手作りのアルバムのこと、

作り方や、アルバム選びなど、写真選びなどもご相談いただいてます。

アルバムは手作りするか、フォトブックにするか?

ということも大事ですが、

その前の準備段階が一番面倒に感じるのではないでしょうか。

デジタルカメラもスマホでも、どんどん簡単に撮れますね。

保存するものも、
SDカードも大容量だし、CDや外付けハード、クラウドまで、いくらでも保存する場所はあります。

コンパクトで、実際に目に見えないので、余計に整理も後回しになりがちです。

が…

どんどん撮って、

どんどん保存できるのに、

同じように、どんどん整理できるかというとそれは無理ですよね。

ぜんぜんすすまないのが、整理すること。

何万枚の写真データを残されても、子どもも消去できなくて困るのではないでしょうか。

魔法のように、さーっと整理できる方法はないので、

コツコツやっていく写真選びをお手伝いしてます。

進まないのは、最初だけ。

慣れてきて、要領や自分の好みや感覚がわかってくると

サクサク出来るようになるので、安心してくださいね。

写真の整理に取り掛かりたい方は、こちらからお問合せくださいね!