意外な面白さ、左手で描く筆文字

おじいちゃんはどんなひと?

パノラマ写真のように
2枚の写真を上手に貼っていたのが印象的。

そして、若い頃からおでこが広い(写真を見ると)

達筆…、

祖父の文字がなんだかとっても好きだったんですね。

そんなこともあって気になっていた書道です。
あまり書かなくなると、上手く書けなくて。
まずは筆ペンで!と始めたのが筆文字の会。

筆ペンで、
少しでも月一回でも書いて上手くなろう…
そんなふうに思ってたんですが。

前々回から

左手で描くことにはまって、

じゃあ写経を書いてみよう!
ということになり。

柴咲コウさんの謡い経をAmazonでダウンロードしてみたり

現代語訳を見つけてくれる人がいたりして

面白いことになっています。

右脳が活性化されて

書くというより、描いて楽しい時間

上手く書けるように!
という最初の目的はどこへやら~。

現代語訳から内容がわかると
漢字が並んでいる状態から、沁みいる言葉になってくる。

これからどんな方向に発展するのか?わかりませんが、書くというより線を楽しむ感じ。

知っている言葉や文字が新鮮です。

え、写経?と思ったけど、発見がいろいろあって、意外とおススメです。