写真をアルバムの形にするメリット一覧

祖父のことを伝えるためのフォトブック

 

まごの手 祖父作

作業場もあったくらい、モノづくりが趣味で、
祖父が元気なころにもらったもの。

祖父は亡くなって随分経ちますが、まごの手はずっと我が家で活躍中です。

 

 

爪があるの、わかりますか?

 

 

手のひらも良い感じでしょ

肉厚な感じで、手相をみてもらったらきっと吉相だと思うんですが…。
どうでしょうか?

 

 

その祖父の古いアルバムを、新しい台紙に貼りかえたんです。

 

もう叔父に届けましたが、
写真のデータは少しもらっているので、これでフォトブックを作っておこうと考えてます。
まごの手も撮って入れないと笑

 

祖父にとっては祖父の自分史
もう見てもらうこともできないのだけど。
どこかから見てくれるでしょう(^^)

 

でも親族からすると、自分たちのルーツを知るきっかけになったり、つながりが分かったりしますよね。
写真の状態だと、一枚一枚みる機会はあまりないけれど、一冊にまとまっていると何度も見られます。

 

台紙もボロボロになってましたが、写真は綺麗でした。

はがせる写真は剥がして
全面のり付けしている写真は切り取って、新しい台紙に貼りました。

スキャンしておくとフォトブックを作れます。

 

 

撮り溜めた写真を楽しみに変えて活かしたいと思いませんか?

一粒万倍日に開催!撮りためた写真を楽しみに変えて活かしたい方に 

 

 

 


スナップ写真、集合写真、発表会などの製本された記念写真…の保管方法は?

木枯らしの昨日、寒かったですが、夕焼けはどんどん色を変えて

綺麗でした^^

 

 

発表会など一冊一冊製本された記念写真、どんなふうに保管されていますか?

見たいと思っても、開いてみないとどんな写真が入っているのかかわからないのが、私にとっては面倒に感じて、台紙から剥がしてアルバムにまとめたんですね。

我が家のアルバムには、スナップや集合写真、それに賞状やスイミングの認定書なども収めています。

賞状のページはこんな感じです

こうしておくと、写真、記念品の箱、書類の箱…と記念のモノを一か所にまとめられます。あちこちに点在しないので、本人にも家族にも分かりやすいのです。

幼稚園のアルバムを開くと、スイミングの認定書も、先生お手製のお誕生日カードも、遠足のしおりも…その一年がわかるようになってます。

もちろん立体的なものは別の箱に入れていますが。

 

発表会などの記念写真を一冊にまとめたことをブログに書いてくださったので、ご紹介しますね。全部で5.4㎏あったのに、たったの40gになったそうですよ!

5.4㎏がたったの40gに!気軽に見れる家族の記念写真になりました^^

 

 

大きさが揃っていない

写真とは言っても、大きさがまちまちです。スナップ写真、集合写真、記念写真、そして現像していたりデータだったり。それをどんなふうにまとめるか?写真整理のお悩みでも多いことです。

・大きさ別にする

・学年別にする

・現像した写真とデータをわけて保存する

・全部スキャンしてデータ化して保存する

 

と、写真整理といっても、見やすくするためなのか、出来るだけコンパクトに保存するためなのか、目的に応じて方法も変わってきます。

学校の集合写真でさえ、大きさが揃っていないので、スナップ写真や家族旅行、習い事の写真、どんどん増えてくると手をつけられなくなってしまいますね。

 

私の解決策は、30×30㎝のアルバムにまとめたこと。大は小を兼ねますよね。あちこち探さなくても良いように、という理由もあります。

 

写真をまとめる時に、アルバムの大きさや薄さも決めるポイントになります。

・本棚に置くのでA4がいい。
・一年一冊、フォトブックにまとめたい。
・収納場所が限られているのでポケットアルバムにしたい。

 

どんなことを優先したいのか?

いきなり写真を出すまえに、こんなことも考えてみてくださいね!

 


写真データを整理したあと、消去するタイミングはいつ?

ご質問をいただきました!

写真のデータを消去するタイミングについてです。

 

写真のデータはどんなふうに保存してますか?
現像した後、
フォトブックにした後、
すぐに消去してしまいますか?

 

わたしの場合は、家族の写真をこの白い外付けハードに保存してます。
バックアップナシで、これだけです。

これがダメになったときは、その時…!
と考えてます。

 

二重三重にコピーを取っていると、どこまでコピーし終わっているか?
きっと管理できないから。

 

それから
子どもももう大きいし、アルバムもすでに作っているので
ダメになったらなったで、もういいだろう~と納得できるんです。

 

かといって

アルバムにまとめたからと言って、すべての写真のデータを

思い切って

ドキドキしながら

エイヤッと

本当は消去したくないのに…と思いながら、消去してしまわなくても、良いですよね。

 

アルバムは作っているけれど、もう同じ写真は撮れないし、

私の場合は、写真を切り抜いたりしているので四角い写真が欲しいときのために残したい。

ということもあります。

 

 

ブログに使おう!と撮った風景やモノの写真も時々整理します。
必要な時に探せなかったりすると、見つけるまでに時間がかかりますよね。

 

もっと良い方法があるんじゃないか?
と思いがちなので、まだまだやり方は変わっていきますが。

 

 

整理するのも、いろんな段階がありますよね。

SDカードも携帯の画像も
撮った時から一度もチェックしていないのか?

時々整理しているのか?

どんな写真があるか、把握できているかどうか?

 

 

その人に合った方法とは言っても

その方法が、今の段階に合っているかどうか?

ということも考える必要があるんですね。

 

 

写真のデータを一枚一枚チェックするのは、面倒で、時間もかかるので、無理なく続くようにこま切れ時間を使ったり、時間を区切ったり、
ついでにやってしまうのがおススメです。