古いアルバム再生一覧

古いアルバム数冊から写真を選んで1冊に

 

 

しまい込んでいるアルバムを出してみると、
台紙は色が変わっていて、写真まで劣化している。

台紙にカバーのないアルバムだと、写真と写真がくっついていたりして、
「もっと早く出していればよかった…」
と、そういうこともよくお聞きします。

 

これは妹のアルバム。
写真を全部剥がした台紙です。

 

 

実家に置きっぱなしだったアルバム。

 

古いアルバムって
ずっしり重いので、それだけでも見る機会が減りますね。

重くて、かさばる

 

そんなアルバムから、写真を剥がして新しいアルバムに貼り換えました。

「ねーちゃん、お願い!」

と言われて、案外嬉しくて、面白がって貼り換えた姉です。
ま、残業ばかりで帰りもおそい毎日のようなので。

たくさんの写真、数冊のアルバムから、勝手に写真を選んで
1冊だけにしました。

お任せ、丸投げ…そんな感じですね。

 

 

こちらが貼り換えたもの

可愛いやん。
時代もわかる写真だ。

 

 

写真を見ると
「あの頃」を振り返ることができて
そのころ考えていたことも思い出します。

気持ちの整理にもなります。

 

写真整理って時間もそれなりにかかるけれど
やはりじぶん整理にはもってこいの作業です。

子どもさんの写真も気になるとは思いますが、
ご自分の写真からはじめませんか?
じぶんの整理、人生の区切りに、2018年にむけて!


古いアルバムにあったパノラマふう写真~祖父作(何年まえ?)

祖父の古いアルバムの貼り直し作業の続きです。

祖父もこんなことをするんだ!と何だか嬉しかったページが、
写真をうまくつなげて貼って、パノラマふうにしていること。

 

偶然なのか?
撮るときから考えたのか?

新しい台紙に貼るときには、再現して『パノラマふうに』貼ります。

 

合わせ目もきっちり合ってるのがすごい。さすが祖父。

 

そして

写真の分け方も、仕事編とプライベート編~のように、アルバムを分けているのも流石だな~と感じるところ。
アルバム自体は劣化しているけど、写真はまだキレイ。

菊がとってもきれいなのに、モノクロなのが残念すぎる。
これをカラーにできたらどんなに良いでしょうか!

いつも花がいっぱい。
私のお習字のお手本は祖父の文字。
形見になったのは、手作りの孫の手^^

亡くなってから、叔父に作ることになったアルバムだけど、
私もスキャンしたデータをフォトブックにする予定です。


古いアルバム再生その(1)手作りアルバムの良さは、効率化してもそのまま

祖父の古いアルバムから写真をはがして。
新しいアルバムに貼りなおしました。

写真の中には、 色が薄くなって写っている人がはっきりしない写真もあります。写真の大きさも切手サイズくらいのものもあれば、名刺サイズもあって、さまざまです。

 

 

剥がした後は、分類。

 

年代も不明な写真、
頼りになるのは
祖父のヘアスタイル…

ん??
ヘアスタイル?笑

 

いかにも若い感じ
青年団ふう
七三わけ…ふう

 

他には、
一緒に写ってる人、
その時代の服装、

何かしら、共通点や時代がわかることを見つけます。

 

 

■どんなアルバムにするか?

それが大事なんですけど。

モノクロで小さい写真には装飾は不要なので黒台紙
装飾すると、写真が負けてしまう感じがします。
写真を目立たせたいので。

 

似たような写真は、
全部貼らなくてOK。
残すだけ残したいので、ポケットページにしました

 

 

■1冊にまとめたい

 

ということで
台紙もポケットもセットにして、一冊にまとめています。

祖父のアルバム

 

 

ポケットにいれるメリットは、
写真の裏の文字がそのまま見えますから。

古いアルバム

  ↓

古い写真

 

 

こちらは妹の学生時代の写真。
小さいときのものも少し。

 

楽なのに、楽しい!

装飾もつけたい写真、
あまり覚えてないし、ポケットで十分な写真、

そんな写真を1冊に。

 

楽らくアルバム
アルバムもカスタマイズです。