photoalstory一覧

自分のことが一番わからないから

子どもの写真は整理したものの、
まだまだ処分する気にはならないのが小さい靴。

 

よく履いていたぷーさんの絵のついた白いくつ。満面の笑みで歩いていたのに、こけてしまって大泣きした。

階段を上がった~と思ったら、今度は下りる。その繰り返しばかりの頃。いつも手をつないでました。

自分で靴を履けるようになって、だんだんサイズも大きくなって、一人で電車も乗れるようになって。

自分の世界を見つける。

私自身もそうして家を離れたけれど、あと数年もすれば私は今度は送り出す立場。

何だか取り残されてさみしい…
そういうふうに私も感じるだろうか?

私には何もない…。
何も残っていない。
そんなふうに、ふと思うことはありましたけど。

毎日忙しくしていても、ジムに行ったり、習い事を始めたりしても
今まで何をしてきたんだろう?
これからどんなふうに楽しみを見つけていこう?

ふとそんな不安を感じたら、
写真を整理しながら、自分自身の気持ちをきいてあげる時間をとりませんか?


フォトブック届きました!次は上の子どものフォトブックをお願いします

フォトブックのご感想をいただきました。

先週末にお届けしたんですが、到着のご連絡と一緒に、次の一冊のご依頼もいただいて、3連休もゴキゲンで過ごした私です。早めの大掃除もどんどんはかどったくらい。
喜んでいただけると本当に嬉しいですね。

 

了解をいただいたのでご紹介しますね。

こうしたいなあと思っていた通りに仕上がっていて、お願いして良かったなあと思いました。(しかも、早い)

自分でやるとなるとなかなかできないのが、現状ですから
お願いするって決めて良かったです。フォトブックがあるので、アルバムは、もっと枚数絞って超お気に入りだけで作ります。

ラインとかでさらにデータがたくさんになり、アルバムにしたいのに現像するのにハードルが高くなっていていつまでもできないと気になっていたことが、お願いすることで、こんなにもすっきりするんだから、もっと早くお願いすれば良かったです~。ありがとございました。

次は、上の子どものフォトブックをお願いします。

 

Tさま、
本当にご依頼をありがとうございます。ご感想の紹介についても了解くださり嬉しいかぎりです。
次の一冊のための写真選び、どれも好き、どの写真も捨てがたくて絞り込む作業は大変だと思いますが、よろしくお願いいたします^^

人は自分で選びたいもの…、本当に?

気になりながらも、自分で出来るから…と自力で何とかしよう、と考えること、誰にでもありますよね。私にもあります。好きだからすること、好きではないけれど、何だか後ろめたい気がして自分でやろうとすること。

 

「写真は無理!選んでほしい」

そう言われて「本当に?」と念を押して聞いたことは数えきれず。

「人は自分で選びたいもの」…と思い込んでいたので、写真整理のサポートに伺ったときもそういうふうに対応させてもらってました。

 

私にとっての苦手は洋服。

制服のように「いつも同じ」はダメなんじゃないか?着回しまで考えられるのがおしゃれな人。いろんな合わせ方がわかっていないと!そんな思い込みがいっぱいでした。

選べないモノもある。出来ないこと、苦手なことは頼めば良い。

私自身が頼めるようになってやっと、写真の思い込みもなくなってきたわけです。

 

ムリに自力で解決しなくてもOK

周りの人や、これまでに私に依頼してくださった皆さんのおかげで、私の思い込みも外れてきました。

リピートでのご依頼をいただいたりすると、続けてきて良かった!と実感します。

自力でしたくても時間には限りがあるので、自分の時間を取るために、負担になることは誰かに頼んで、ごきげんで過ごしたいですよね。

写真のことも、写真以外のことでも!